ペット里親マッチングサイト「ノラとたま」

あなたとの思い出はけっしてなくならない

“新たな取り組み” 大事な「ペット」の未来を一緒に 考えませんか?

遺品整理のご依頼、ご相談を受けられる方が、幾度となく遭遇されているのが、“ペット”に関するご相談事ではないでしょうか。

遺品整理の現場では…

  • 故人が大切にしていたペットはどのようにしたら?
  • 亡くなった後、誰か引き取ってくれるひとはいないだろうか?
  • 家族同然と思っているので、ペットのことが心配

など、心配・不安の声が絶えません。

そうした心配・不安の声が少しでも改善が出来ればと、弊協会の新たな取り組みとして、ペットの里親をお引き受け頂ける方と、里親を探している方をつなぐ、マッチングサイト「ノラとたま」を開設いたしました。

一人暮らしで暮らす高齢者にとって、一生を過ごしてくれた「ペット」はかけがえのない存在に他なりませんし、飼われている「ペット」を“家族同然”と感じている方にとってみれば、「自分の手で飼うことができない」と思ったとき、どれだけ不安になるでしょうか。
まして、自分の死を意識したときに、ペットのことを想っての悲しみは想像しえません。

「ひとりで生きてきて、(ペットと)一緒にいることができたことが、私の人生を彩ることができました」

そんな想いを受け継ぐことができれば、どんなに救われる想いを感じて頂けるでしょう?
思い思いに大切にされてきた、大事な「ペット」の未来を一緒に考えませんか?

ペットを思う 飼い主の皆様の想い

遺品整理の現場では、特に「人の死」が関わっているケースが多くあるため、特に生活において、ペットを大切にされてきた飼い主の方々にとっては、何にもかえがたい思いをお持ちのことが多くあります。

「自分の子どものように可愛がってきたので、自分がいなくなったあとが心配」
「誰がごはんをあげてくれるだろうか」
「病気になったら、ちゃんと病院に連れて行ってくれるだろうか」

普段の生活においても、ペットを飼われている飼い主の方々にとって、ペットは自分の子どものように感じています。 自分の死が関わってきたときには、その思いはより一層強まっていくことでしょう。

生涯抱える不安を、少しでも和らげることができればどんなに良いでしょうか。
そうした想い、気持ちを汲み、不安を解消できることを心より願っております。